世界エイズデーの前後にHIV/エイズに関連した様々なプログラムを開催するTOKYO AIDS WEEKSは、2015年にスタートしました。

その初年から毎年開催されていたのが、Gay Men's Chorusのステージ。
このイベントのために集まったゲイ男性やトランス男性による合唱のミニ・コンサートです。
残念ながら2020年・2021年は新型コロナの感染拡大の影響で、このコンサートは休止となってしまいました。

そこで、過去5年間のコンサートから何曲かをピックアップした動画を作成しました。
あまり音質は良くありませんが、メンバー一同一生懸命に歌っています。
どうぞひととき、男声合唱に耳を傾け、HIV/エイズに思いを馳せていただけたらと思います。

【Youtube配信】

効果的な抗HIV治療を受けて血液中のHIV量が検出限界値以下(Undetectable)に継続的に抑えられているHIV陽性者からは、性行為によって他の人にHIVが感染することはありません(Untransmittable)。このU=Uと、新しいHIV予防の選択肢の一つPrEP(暴露前予防内服)について学ぶ勉強会です。

【対象】Gay Men Only
*新型コロナウイルス感染防止のためマスクの着用をお願いします

【問い合わせ先】 community center ZEL(TEL/FAX 022-261-6556 開館時間のみ対応可)

*community center ZELはHIV/AIDSの情報発信を目的としたコミュニティセンターです。

開催リポート

■タイトル:U=U,PrEP勉強会

■開催日時:2021年11月29日(月)20:30-21:30

■会場:community center ZEL(宮城県仙台市)

■ゲスト:認定NPO法人ぷれいす東京 代表 生島 嗣さん

■参加費:無料

■対象:ゲイ・バイセクシュアル男性

■参加者:8名

■主催:community center ZEL

■総括:東北ではまだなじみの薄い、U=UやPrEPについて学ぶ機会となったばかりではなく、ゲストへの質疑応答や参加者同士の意見交換が積極的に行われ、HIVについて参加者がより自分事として考える機会になった。

今年最後のVITAは、ホリデーシーズンお祝いパーティー、VITA HOLIDAYです。

コロナ禍で本当に大変だったこの2年弱ですが、このホリデーシーズンは、温かい気持ちで、コミュニティーメンバーの存在や、パーティーを楽しめる時間の尊さをみんなで共有できたらと思います。

お客様へのクリスマスプレゼントもご用意してお待ちしています。

【申込】入場券は、事前のオンライン購入でも当日エントランスでの購入でも、どちらでも大丈夫です。
 詳細は、https://bit.ly/VT_1218

Hosted by Pink Grapefruit & Lady-J
Jack’d Boys: RYUJI / KUMAGORI

[メインフロア:Universe]

DJs: SHINKAWA / DJ_NORI
Gogos: Satoshi / SASUKE / KO-SK / YUKIYA / Usak / TEN
Showcase: GenGen / Lime Bey / Kyo

[Bar Meteo]
Renaissance feat. HOME
DJs: RACCOON DOGS / POPPO / YOSHI
HOME shibuya TAKEJIRO and more

Progressive Houseや、Melodic Technoをフィーチャーしたパーティー「Renaissance」がサブフロア Bar Meteoで復活!メインフロアとは違ったサウンド演出で実力派DJ達がメイキング。 また、老若男女・セクシャリティ・ジェンダー不問の渋谷の大人気BAR「HOME渋谷」とのコラボも実現。人気ママTAKEJIRO率いる豪華メンバー登場でさらに華やかな祝宴に!

[VIP]
出張 MaKerS

10周年を迎えた新宿二丁目のゲイバー「MaKerS」が今回のVIPフロアをジャック!ショット、シャンパンはもちろん、飲み放題も提供します。

Supported by Jack’d / GX3 / Jägermeister Japan

開催リポート

(YouTube:この日のパーティーの写真のスライドショーです。)

VITA HOLIDAYは、ホリデーシーズンのお祝いをコンセプトに、新宿歌舞伎町にある巨大クラブ「WARP」の3フロアを使って盛大に開催されました。

エントランスには、ぷれいす東京のブースが設置され、Stay Healthyキャンペーンが実施されました。

大変多くのお客様がブースに立ち寄って下さり、最新のHIV/AIDS情報や、ゲイとして健康でいるために役立つ情報、ぷれいす東京が提供しているサービス等について、対面でお伝えすることができる、大変貴重な機会となりました。

今回は、ライターの木津毅(Tsuyoshi KIZU)さんをゲストにお招きして、HIV/AIDSと音楽、映画、ドラマについて話をお聞きします。

NOT ALONE CAFEは、来日して間もないゲイ、バイセクシュアル男性(トランスジェンダーも歓迎)のためのカフェ・ラウンジを毎月開催するプロジェクトです。安全な居場所を提供することで、人間関係を広げたり、必要な情報やサポートへのアクセス向上をめざしています。

【対象】ゲイ・バイセクシュアル男性(トランスジェンダー)
【申込】不要

詳細は、https://twitter.com/NotAloneCafe

今年も世界エイズデー展の展示・オンライン・プログラムを行います。

パネル展
厚生労働省の研究班が実施した「トランスジェンダーとセクシュアルヘルス」の調査結果の一部をパネル展示でご紹介します。
trans-sh.themedia.jp

会場 プライドハウス東京レガシー
開館時間:13時〜19時
休館日:毎週 水曜日、木曜日

オンライン・プログラム

また、オンライン・プログラムとして、タイでトランスジェンダーの人たちへの検査や医療サービスの提供、PrEPのプログラムに関わっているNittaya Phanuphak氏からご報告をいただきます。日本からは、横浜でトランスジェンダー専門外来を開設しているLUNAクリニックの池袋真医師に参加していただき、クリニックの実践や日本国内の現場について語っていただきます。司会はリリーさん(サロン「kinky cafe」/dista)です。

出演
・Nittaya Phanuphak, MD, PhD(EXECUTIVE DIRECTOR IHRI) https://ihri.org/

・池袋真 医師(女性医療クリニックLUNA 婦人科,トランスジェンダー外来担当

司会
・りりぃ(MASH大阪/SWASH

開催リポート

12月1日(水)から12月15日(水)までプライドハウス東京レガシーを会場として世界エイズデー展を行いました。

また、オンライン・プログラムとして、タイでトランスジェンダーの人たちへの検査や医療サービスの提供、PrEPのプログラムに関わっているNittaya Phanuphak氏からご報告をいただきました。日本からは、横浜でトランスジェンダー専門外来を開設しているLUNAクリニックの池袋真医師に参加していただき、クリニックの実践や日本国内の現場について語っていただきました。司会はリリーさん(サロン「kinky cafe」/dista)にお願いしました。

パネル展では、厚生労働省の研究班が実施した「トランスジェンダーとセクシュアルヘルス」の調査結果の一部をパネルにして紹介しました。会場には、「トランスジェンダーとセクシュアルヘルス」調査報告書もおいて、自由にお持ち帰りいただきました。

NEWS

2022 / 開催イベント

フライヤーをダウンロード

開催/ライブ配信 終了(一部アーカイブで視聴可)

UPDATE! いくつ知っている?

U=Uというメッセージは、効果的な抗HIV治療を受けて血液中のHIV量が検出限界以下のレベルに継続的に抑えられているHIV陽性者からは、性行為で他の人にHIVが感染することはない、ということを意味しています。いくつかの大規模な研究によって、このU=Uの科学的エビデンスが確認されました。
多くの人がこのU=Uのメッセージを知ることで、ご自分とHIVとの付き合いかた、パートナーとの関係をより良いものにし、さらには社会全体のHIVへの差別や偏見を一緒に無くしていきましょう。

OSAKA AIDS WEEKS
ツイート
シェア