ニュース

「TOKYO AIDS WEEKS 2020」開催リポートを掲載しました

多くの団体・個人のみなさまのご協力のおかげで、TOKYO AIDS WEEKS 2020が無事終了しました。今年はオンライン開催が中心となり、東京周辺だけでなく、全国から参加いただけるイベントが数多く開催されました。また、YouTubeなどで現在でもご覧いただけるものも多くあります。参加団体からの報告を、イベント情報に掲載したのでぜひご覧ください。

月日 会場 イベント名 動画など閲覧可
11月15日(日) Online 女性のセクシュアルヘルス 心と身体を守るために セックスする人もしない人も
11月22日(日・祝前日) CLUB CAMELOT(東京/渋谷) VITA Sportif Rises “Stay Healthy”キャンペーン
11月25日(水) Online 「解衣推食」🍗ベンソンの相席ラウンジ🍴
11月26日(木) Online 国連合同エイズ計画と国立国際医療研究センターとの覚書調印
11月26日(木)〜12月25日(金) コミュニティセンター akta 展覧会「U=U 2020 HIVの新常識を知ろう」
11月27日(金)〜12月14日(月) プライドハウス東京レガシー 世界エイズデー展 in PRIDE HOUSE TOKYO LEGACY
11月28日(土) 池袋 性について語ろう
11月29日(日) Online エイズ学びマンス
12月1日(火) Online 世界エイズ・デー礼拝
12月2日(水) 事務所(東中野)&Online 陽性でも、そうでなくても 知りたい「セクマイのお金と老後」講座 第1回
12月3日(木) Online マンガはエイズをどう描いてきたか? –『テイキング・ターンズ HIV/エイズケア371病棟の物語』を中心に
12月4日(金) 中村キース・ヘリング美術館 映画『Paris Is Burning』上映会
12月5日(土) Online トランスジェンダーのセクシュアルヘルス
12月6日(日) Online ポジティブ・トーク〜HIV陽性者とかたる
12月9日(水) 事務所(東中野)&Online 陽性でも、そうでなくても 知りたい「セクマイのお金と老後」講座 第2回
12月11日(金) Online Words of Love Let’s talk about HIV/AIDS
12月11日(金) Online Visual AIDS 映像集「トランスミッションズ」
12月12日(土) Online PrEPオンライン学習会2020 for ゲイ・バイセクシュアル男性
12月12日(土) Online 多様なジェンダーと性の健康(パネルディスカッション)
12月13日(日) Online PrEP処方ドクター(東京、大阪)に聞く〜onlineトーク
新宿二丁目 Dragon I Am トランス☆カフェ vol.3
12月14日(月) 事務所(東中野)&Online 陽性でも、そうでなくても 知りたい「セクマイのお金と老後」講座 第3回
12月19日(土) Online akta talkshow オンライン 専門家に聞こう!「U=Uキャンペーンとは何か? ~これまでとこれからのHIV/エイズの取り組み」

「TOKYO AIDS WEEKS 2020」開催御礼

多くのみなさまのご協力、ご参加のおかげで、TOKYO AIDS WEEKS 2020(11月15日~12月15日)が無事終了いたしました。

今年はオンライン・会場開催あわせて、のべ26のイベント・団体にご参加いただきました。ご協力ありがとうございました。後日改めてご報告させていただきますが、まずはお礼のごあいさつとさせていただきます。

これからもTOKYO AIDS WEEKSをどうぞよろしくお願いいたします。

メディア紹介記事

「TOKYO AIDS WEEKS 2020」が以下のメディアで紹介されました。

東京新聞 2020年11月26日(木)掲載

HIV、多様な視点で啓発 世界エイズデーに合わせ オンライン講座など催し
https://www.tokyo-np.co.jp/article/70598

newTOKYO 2020年11月17日(火)掲載

今年も赤いリボンの季節が到来。最新の知識やリアルな声が分かる「TOKYO AIDS WEEKS」が開催!
https://the-new-tokyo.com/tokyoaidsweeks2020/

プレスリリース「TOKYO AIDS WEEKS 2020」開催


今年も「TOKYO AIDS WEEKS」を開催いたします。今年も赤いリボンの季節がやってきました。12月1日の世界エイズデーの前後(11月15日~12月15日)にNGOなどと連携しながら情報発信を行います。 今年は、22のイベントが参加していますが、さらに増える予定です。

今年の4〜6月の保健所などで実施されているHIV検査数は前年の1/4です。新型コロナウイルスの感染拡大により保健所のHIV検査がサービス提供を中止していることによります。この影響は現在も続いています。

「HIV検査数4分の1に激減 新型コロナの影響か」
https://www.asahi.com/articles/ASN9L5WNMN9JULBJ018.html

HIV/AIDS報道が減ってしまい、HIV検査を受ける人が減ってしまうと感染拡大や、エイズ発症でHIV感染に気づく人が増えるのではと心配されています。本年は、オンラインでの開催を中心とし、これまで以上に多くの企画が準備されています。ぜひ、この時期にHIV/エイズに関する情報拡散にご協力をお願いします。


東京エイズウィークス

『東京エイズウィークス』は、HIV陽性者の当事者団体やエイズに関連した支援団体等が中心となり企画・運営するイベントをつなぐことで、市民のエイズへの関心を高めて感染拡大の抑止を図るとともに、HIV陽性者およびHIV/エイズに対する偏見・差別を解消し、感染した人々も安心して暮らせる社会の実現を目指すことを目的としております。
2015年よりスタートして、毎年、世界エイズデーと連動して開催し、個々の団体や組織が様々なイベントを開催することで、より効果的にHIV/エイズに対する関心を喚起していきます。

東京エイズウィークス
代表 生島 嗣

TOKYO AIDS WEEKS 2020 実行委員会
認定NPO法人ぷれいす東京内
東京都新宿区高田馬場4-11-5三幸ハイツ403
Tel: 03-3361-8964
Email:tokyoaidsweeks☆gmail.com(☆を@に変えてください)

「手話と字幕で分かるHIV/エイズ予防啓発動画」完成のお知らせ

ろう者のためのHIV啓発ビデオが完成して、今年の世界エイズデー(12月1日)に公開されました。

手話と字幕で分かるHIV/エイズ予防啓発動画

聞こえる人、聞こえない人どちらにも伝わるHIV/エイズ予防啓発動画です。研修や授業、学習会などでどなたでもお使いいただくことができます。

動画は下記よりダウンロードできます。
https://studioaya-movie.wixsite.com/11kimi/hivaidsyoboumovie (約1.4GB)

監修/特定非営利活動法人ぷれいす東京
ろう通訳・手話監修/小野 広祐氏(明晴学園 教諭)
医療手話監修/早瀬 久美氏(薬剤師)
CG編集/株式会社フィールド
MA・ナレーション収録/株式会社東海サウンド
企画・制作/Studio AYA 今村 彩子

クラウドファンディングにご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
クラウドファンディングは、引き続き、2019年1月31日までおこなっているので、よろしくお願いします。
https://motion-gallery.net/projects/hiv-movie

「聞こえる人、聞こえない人、どちらにも分かるHIV/エイズ予防啓発動画プロジェクト」のページへ