イベント情報

「Day With(out) Art 2021: ENDURING CARE」上映会+トーク

Day With(out) Art 2021: ENDURING CARE
日時
2021年12月1日(水)19:00~22:00
会場
会場開催&オンライン
入場
無料

【要申込】
*イベント自体への観覧者は「無し」に変更いたしますが、以下のリンクより登録いただいた方には、イベント終了後にアーカイブ映像のリンクと今年のVisual AIDSの情報をメールにてお送りする予定です。
登録フォーム:https://forms.gle/MmwPGQiP1rCkVvSH9

予定|
19:00-20:00 Visual AIDS「Day With(out) Art 2021: ENDURING CARE」ビデオシリーズの上映(約1時間)
20:00-21:00 アート、ケア、違いをテーマにオープン・トーク
21:00-22:00 イベント後の交流、解散

参加作家|J Triangular(オンライン)

*English follows Japanese.

トウガラシ・アート・コレクティブは、Day With(out) Art 2021という全世界的なイベントに向け、Visual AIDSと提携し、今日も続いているHIVの流行におけるコミュニティ・ケアに焦点を当てた映像プログラム「ENDURING CARE」を開催します。本プログラムでは、キャサリン・チアーズ、クリトバル・ゲレーラ、ダニー・キルブライド、アブドゥル=アリー・A・ムハマッド+ユリア・ビュッシー、ベト・ペレズ、スティード・テイラー、J・トライアンギュラー+ウィメンズ・ビデオ・サポート・プロジェクト(女性の映像サポートプロジェクト)による新作の映像作品を上映する予定です。

「ENDURING CARE」では、ハーム・リダクション(危害削減)や刑務所でのアクティビズムの歴史から、抗HIV薬服用による長期的な影響まで、HIVに関わるさまざまな課題に注目します。上映作品の多くは、政府やNPOによる黙殺を指摘する一方で、コレクティブなケアや互いに助け合うこと、連帯をテーマとしています。

本イベントのタイトルには2つの意味が込められており、ケアワーカーの忍耐力と献身性を称えると同時に、HIV感染者や医療従事者が受け得る被害についても言及しています。「ENDURING CARE」は、医薬品だけで疫病を解決できるという誤った理解に対し、永続的な医療の形としてコミュニティ活動の重要性を提示します。

https://visualaids.org/blog/announcing-dwa-2021

Visual AIDSはニューヨークを拠点とし、アートの活用と対話の促進、HIV+アーティストの支援を通じて、今日も続いているエイズの課題に取り組む非営利団体です。

Togarashi Art Collective is proud to partner with Visual AIDS for Day With(out) Art 2021 by presenting ENDURING CARE, a video program highlighting strategies of community care within the ongoing HIV epidemic. The program features newly commissioned work by Katherine Cheairs, Cristóbal Guerra, Danny Kilbride, Abdul-Aliy A. Muhammad and Uriah Bussey, Beto Pérez, Steed Taylor, and J Triangular and the Women’s Video Support Project.

From histories of harm reduction and prison activism to the long-term effects of HIV medication, ENDURING CARE centers stories of collective care, mutual aid, and solidarity while pointing to the negligence of governments and non-profits. The program’s title suggests a dual meaning, honoring the perseverance and commitment of care workers yet also addressing the potential for harm from medications and healthcare providers. ENDURING CARE disrupts the assumption that an epidemic can be solved with pharmaceuticals alone, recasting community work as a lasting form of medicine.

https://visualaids.org/blog/announcing-dwa-2021

Event details are below:
—————————

Date: Wednesday, December 1st, 2021

Time: 7 pm to 10 pm

What: video screening of “ENDURING CARE” 2021 Visual Aids video series, followed by a small panel of artists for an open dialogue with the audience about the themes of art, care, and difference.

—————————

We will be sending the link to the archive video of this event.

Visual AIDS is a New York-based non-profit that utilizes art to fight AIDS by provoking dialogue, supporting HIV+ artists, and preserving a legacy because AIDS is not over.