イベント情報

マンガはエイズをどう描いてきたか? –『テイキング・ターンズ HIV/エイズケア371病棟の物語』を中心に

日時: 2020年12月3日(木)19:00〜 会場:オンライン 入場:無料

第1部:『テイキング・ターンズ HIV/エイズケア371病棟の物語』を中心に
第2部:元看護師たちが語る日本のエイズケア病棟のリアル

これまでさまざまな映画や小説がエイズを描いてきましたが、マンガにもエイズを描いた作品があることをご存じでしょうか?2017年にアメリカで出版されたMK・サーウィック『テイキング・ターンズ HIV/エイズケア371病棟の物語』は、1990年代にエイズ病棟で看護師を務めた作者の回想録マンガです。

当イベントの第1部では、翻訳出版のためのクラウドファンディングが進行中の本書を中心に、日本や欧米のエイズを描いたマンガを振り返ります。
「マンガの力で日本の医療をわかりやすくする」をモットーに活動する、一般社団法人日本グラフィック・メディスン協会代表で、専修大学文学部英語英米文学科教授の中垣恒太郎さんと、フランス語圏のマンガ「バンド・デシネ」を精力的に紹介する翻訳家で、HIVに感染している女性に恋した男の物語を描いた『青い薬』(青土社)の翻訳も手がける原正人さんをメインスピーカーとして、日本や欧米のエイズを描いたマンガについて、リラックスした雰囲気で参加者のみなさんと一緒に考察していきます。

第2部では、この『テイキング・ターンズ』という作品の作者と同じように、日本で医療の現場に携わってきた3名の看護師の皆さんにお集まりいただき、この作品をご覧いただきながら、皆さんのエイズケア病棟での体験を語っていただきます。第2部の司会はぷれいす東京の生島嗣さんが務めます。

出演者:
【第1部】
中垣恒太郎(一般社団法人日本グラフィック・メディスン協会代表/専修大学文学部教授)
原正人(フランス語翻訳家)

【第2部】
大野 稔子(元 北海道大学病院)
織田 幸子(元 国立病院機構大阪医療センター)
島田 恵(東京都立大学/元 国立国際医療研究センター)
司会:生島 嗣(ぷれいす東京)

【対象】どなたでもご参加いただけます。
【定員】なし
【お申込先】 http://ptix.at/GHwdq2
【お問い合わせ先】 info☆thousandsofbooks.jp(☆を@に変えてください)