イベント情報

日本におけるPrEPの普及と課題 〜見守りネットワーク作りを目指して〜

日時: 2019年12月11日(水)18:30〜21:30(開場:18:00) 会場:ビジョンセンター新宿 10F 1001(新宿区新宿5-17-11白鳳ビル) 入場:無料。申し込みは不要ですが、定員を超えた場合には入場をお断りすることがあります。

PrEPについて関心がある人たち、MSM(ゲイ・バイセクシュアル男性)、医療提供者、行政機関、メディア関係者を対象にPrEPに関する報告会を開催します。日本国内でもPrEPを求める人たちが増えつつあります。そこで、現状と課題を踏まえて、より安全に予防の効果を高めるために何が必要なのかを考えます。

■プログラム
SH外来の取り組みから
研究代表者:水島 大輔(国立研究開発法人国立国際医療研究センター)

MSMを対象にしたPrEPの調査から
研究分担者:生島 嗣(特定非営利活動法人ぷれいす東京 代表)

海外の視察内容から
研究分担者:谷口 俊文(千葉大学医学部附属病院)

東京都内の見守りクリニックの実践から
研究協力者:塩尻 大輔(東京の性病専門パーソナルヘルスクリニック)

総合コメント
岡 慎一(国立研究開発法人国立国際医療研究センター センター長)

※厚生労働科学研究費補助金(平成30年度)エイズ対策政策研究事業
「HIV感染症の曝露前及び曝露後の予防投薬の提供体制に対する研究」
(研究代表者:水島大輔/研究分担者:生島嗣)の一環で開催されます。