イベント情報

世界エイズデーイベント The path to ending AIDS: Mobilizing the city for Tokyo 2020

日時: 2019年12月2日(月)15:00〜17:15 会場:大村進・美枝子記念 聖路加国際大学臨床学術センターB1 日野原ホール 入場:無料

国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、2030年までの「エイズの脅威の終結」を目指し、2020年までの目標としてケアカスケード「90-90-90」達成を掲げてきました。また、UNAIDSはケアカスケード推進のために”Fast Track Cities”という包括的な都市の取り組みを積極的に支援しています。
2020年は東京五輪が開催される特別な年で、世界中の視線が東京に集まります。「90-90-90」を東京および日本で達成するためにすべきことは何か、五輪対策で得られるレガシーは何か、多くの皆様と考えたいと思っております。
みなさまのご参加をお待ちしております。

■プログラム
挨拶
福井 次矢(聖路加国際大学 学長)
遠藤 弘良(聖路加国際大学 公衆衛生学研究科長)

演者
Stuart Gilmour(聖路加国際大学 生物統計学・生物情報科学 教授)
大塚 梨沙(聖路加国際大学 公衆衛生大学院)
Eleanor Gouws-Williams(UNAIDS, Fast-Track Implementation Department, Senior Advisor)
田沼 順子(国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター 医療情報室長)

パネルディスカッション・パネリスト
岡 慎一(国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター センター長)
白阪 琢磨(大阪医療センター臨床研究センター センター長)
松下 修三(日本エイズ学会理事長/熊本ヒトレトロウイルス学共同研究センター 教授)

■定員 200名

■申込
下記webサイトページ下部の申し込みフォーム、ご案内PDF掲載のURL・QRコードから申込フォームにアクセスし、事前登録をお願い致します。当日参加も可能ですが、その場合は直接会場にてお申し出ください。

詳細は、http://www.acc.ncgm.go.jp/news/20191101093152.html

■協力 聖路加国際大学・国連合同エイズ計画(UNAIDS)

※印刷用ちらしはこちら